ワーママmu記

なにかと過敏症人間なフルタイムワーママ。アパートから新築マンションに引っ越します。待ってろローン!

夫のメンタルクリニック初診 付き添い

ここ一年ほどの夫。
仕事での意思疏通が上手くいかなかったり、会議などで内容が汲み取れない、記憶できないといった問題があって
心療内科にかかった。
 

初診の付き添いで初めていったメンタルクリニック
めちゃくちゃ普通の雰囲気だった。
内科って感じ。

診察前に、問診票にすべて細かく書いたので(私が)その内容をなぞるかんじで診察スタート。

症状やきっかけ、家族にメンタル系のひとはいるかとか
酒量や食欲睡眠などについて答えていく。

仕事ストレスきっかけで記憶力が悪くなることはすごくよくある症状なようで
先生もサクサク説明してくれた。





先生より

・とにかくストレス源の上司から距離をとることが大切(といっても無理だよね~ってわかってくれたけど)

産業医がいる規模の会社ならそことも相談すること。
(休職したいならその文言の相談とか、部署異動について相談すること)

・辛いならいつでも診断書は出せる。
(適応障害からのよくうつ状態、という名目になる)

・ただ、いきなり診断書はまだ早すぎるのでまずは投薬をして様子をみましょう。
薬は二週間くらいしたら効いてくる。
筋トレみたいなもので、抗うつ剤はすぐに効果がでない

・鬱に入る前にきてくれてよかった
今はまだよくうつ状態で鬱の扉の前にたっているくらい。
(死にたいとか涙がでるなどの症状がないことからかと思う)

(・発達障害についての話はなかったし聞かなかった。)


といったこと。




仕事上の適応障害の症状、説明として
ものすごくベーシックな内容だったけど

「休もうと思えばいつでも休める」

って言ってもらえたことで、
彼はかなり落ち着いたみたいだった。
それだけでも行って良かった。

何でもありませんよ、性格ですよ、能力ですよっていわれることが一番怖かったのかな。
(対応策がなくなるから)



薬は抗うつ剤
抗不安薬(ロラゼパム)が出た。

くすり飲んでる間はお酒飲めないんだよって話になったら物凄く驚いていた。
知らなかったか、、

お酒はとにかく良いことがないから今は辞めるように、と医者から言ってもらえてよかった。

今は毎日一リットルくらい飲んでるし飲み過ぎ。
以前より倍くらいになってる。


彼は会社の産業医に面談予約をさっそくいれてた。
いい方に向かいそうでほんとにほっとした!

病院は、次回は二週間後にいくみたい。
まだ一日なので薬は特に効き目はわからないけど
おそらく今後は悪くならないんじゃないかな。







今回、私が病院選んだり予約の電話入れたり調べたり、問診票を書いたりと
我ながらえらい過保護だった。


なんでこんなにしたかって、終わってから気付いたけど
自分が鬱だった頃にこうされたかったんだなと思った。

自分はちゃんと病院にいかずにすごく長引かせてしまった。

当時はメンタルクリニックにいくことや
判断をされるのが怖かった。
一人で受け止める自信がなかった。
自分がメンタルやられるなんてありえない!と思いたかった。

(普通の内科でもらった抗不安薬睡眠導入剤は飲んでたけど、落ち込んでない!からだの不調だ!って決めつけて日々暮らしてた。でも体調がどんどん悪くなっていったし薬がないと仕事にならなかった。←そんで仕事やめてだんだん治った)


今回はなんだか過去の自分を救えた感じがして
勝手ながらこちらまでほっとした気がする…

よくあることだ、と今はひたすら思う。