こじらせ結婚 & 0ヶ月育児ログ

結婚願望無し、子供嫌いだったアラサーの変化ログ

妊娠中の後悔

思いがけず早い妊娠だったこともあり
正直ありがたみが薄く、自分の覚悟も無かった。

それ以上に、
子供嫌いな自分への不安と
周りからの善意のプレッシャー
ずっと続く体調不良
思い通りにできない仕事で
ずっと不快な10ヶ月を過ごしてしまった。
胎児にはほのかに愛情を感じていたけど、自分が普通に生きてるだけで辛くて恨んでしまう気持ちもあった。

存在に実感が持てなかったのも大きい。
話しかけても見えないし
よく動くけど痛いし
大事には思ってたけど人間としての義務感も大きかった。


それが、赤子が産まれた瞬間
ズルっとでた感覚の瞬間
顔をみた瞬間に一変した。


ずっと一緒にいたのはこいつだったんだなと。
こいつはずっと
むしろ味方で、頑張ってくれてたんだなと。

なんでわずかでも恨む気持ちになんかなったんだろう。


もっともっと、苦しいのも含めてたのしめばよかった。

マタニティスイミングでもヨガでも、楽しみを見つけて行けばよかった。
友達を作って愚痴ればよかった。
仕事も辛かったら休職すればよかった。

こんなに可愛いって知ってたらなぁ。




全部今だから言えることだ。
何もしてないんだけど、なんかかわいそうなことしたなと赤子に思う。
これからは前向きに、どう幸せにしていけるかだけ考える。

案ずるより生むが易しってほんとそのまんまだな。